次元について

「タテ・ヨコ・高さ」の3次元にいる私たち。

4次元、5次元…人間が認識できない「高次元」とは?

人間は、タテヨコ高さの3次元の中で生きている、と学校で習いましたよね?
そのおさらいです!
1次元から順番に、イメージしながら次元上昇してくださいね!

1次元というのは、点です。

小さい針のような穴に張り付いて、外の世界を見ている。
そんな自分を想像してみてください。
自分の体も、針の穴と同じぐらいのサイズです。小さな視界です。
穴の先に広がる、視線の延長線上だけが、認識できます。
この向こうには、何もない、あるいは何かがある。

例えば、ボールが正面からこちらへ転がって来るのはわかります。
だけど、横から来るのはわからない。
そして、分かっても動けない。避けられない。
これが一次元の世界です。

 2次元 「平面」の世界

2次元は、平面です。
横長に細い隙間から、世界を見て、左右に移動しながら生きているのをイメージしてみてください。これが二次元の世界です。

視界が1次元よりも、すごく広がりました。
左右の動きがわかります。
そして、ボールが転がってきたら、左右に避けることも、拾うこともできます。

でも上下の動きはわかりません。

もしもボールがバウンドしてきたら・・・
ボールは突然現れたり消えたりする、予測不能な恐ろしい存在に感じるでしょう?!
これが二次元の世界です。

3次元 「立体」の世界

3次元は、このままの見えている世界です。
ボールがバウンドしてきたら、上下左右に動いて、ボールを拾うことも、避けることもできます。
タテヨコ高さの世界では、人間は自由自在に動けます。
ボールが飛んできたら、その人の身体能力に応じて、対応できます。
ボールを避けようか、掴もうか、判断して動ける自由があります。

でも、もしもこれがボールではなかったら・・・?
犬やライオンだったら、人間なら、どうでしょう?

意志がある物体に関しては、予測不能。心の動きまでは見えない。
これが三次元の世界です。
「人生、一寸先は闇」これが、多くの人の常識ではないでしょうか?

4次元以上…異次元の「見えない」世界

死んだ後、あの世に行くと、過去も未来も全部繋がって見える。
という話を聞かれたことはあるでしょうか?
臨死体験した人たちの情報によると、あの世へ行くと、
過去も未来もわかり、生きてる時には見えなかったものが見えてくるのだそうです。

「心の動き」や「時間軸」など、別の座標軸、新しい視野が手に入るそうです。
3次元を生きている私たちには理解しにくい感覚ですが、人間の大脳では理解できない世界がある...別の次元がある...!?ということです。

「世の中には偶然はない、すべて必然である」
という言葉をよく耳にしますよね。
3次元にいると、突発的に感じることも、高い次元から見ると「そうなって当たり前」ということは、このページの文章を最初から読み進めてきてくださった方ならイメージできると思います。


3次元には物理学があります。
「慣性の法則」や「磁力」などが発見されています。
プラス・マイナスの電極があり、反発したりくっついたりしています。
4次元にも「波動の法則」があり、縁が引き寄せられたり反発したりしています。

波動、周波数。

喜びや感謝などの「創造的波動」は高い。
そして逆に、恨みや憎しみなどの「破壊的波動」は低いとされます。

波動に応じた、ご縁、出会いや別れ、事件や祝福などの出来事が起こっています。
病気や怪我も、その現れ・・・と言われます。

現実の世界は、本人の波動に応じて発生している自然現象です。
自分の発振している波動が、現象を引き寄せます。
しかし3次元を生きる人間の「肉眼」では、「波動」は見えません。
人間は、「まるで予測不能な冒険」のように、「一寸先は闇」の人生を生きています。

もしも、4次元に行き、「波動」が認識できるようになったら・・・
自分で自分の波動を変える「自由」を手にすることができたら・・・

「タテヨコ高さ」以上の自由、精神的自由を手にして、
望むところに同調して、やりたいことが出来るようになれたら・・・
「一寸先は闇」ではなく、「すべて光が当たってる世界」と言えるでしょうか?!

人間にもある、異次元の「見えない」体

人間は死んだら、魂だけになります。幽霊みたいになります。
つまり「体」が滅びて「魂」だけになります。

もう少し、細かく見ると・・・

生きている「人間」は」と「」と「で出来ています。
そして
死んでしまうと「体」から抜けて「心」と「魂」だけになって、4次元へ移動する、ということです。

「心」を「オーラ」と言い換えると、イメージしやすいでしょうか?

人間は「肉体」と「オーラ」と「魂」でできています。
(厳密にいうと違うのですが初心者に分かりやすくするためこのような表現で許してください)

オーラの中には、チャクラと呼ばれる機能があります。

眉間には「第三の目」「サードアイ」がある、と聞かれたことはあるでしょうか。
その他にも、みぞおちにある太陽神経叢、臍の下にある丹田、胸にあるハートチャクラ、などなど、様々なチャクラがあります。

「第三の目」が開くと、予知能力や、透視能力、などが発達してきます。

つまり、3次元に生きているのに、4次元の視野が手に入る。ということです。
その他、それぞれのチャクラには様々な役目があり、今の時代では「超能力」と呼ばれているものが発達してきます。

生きている間でも、4次元を生きることは可能!ということです。

異次元の「見えない」存在たち

幽霊は、3次元の肉体を持たない存在です。
そして、「幽霊みたいな存在」は、「人間卒業した人」ばかりではありません。

神、天使、妖精、妖怪、精霊・・・・・
幽霊にならなくても、人間として生きている間でも、オーラを輝かせ、チャクラを開くと、彼らと出会い、コミュニケーションできるようになる可能性が広がります。

異文化交流みたいものです。「異次元交流」です。


日本人が、外国人と付き合うためには

  • 「外国語」が話せること
  • 「国際感覚」を持っていること

この両輪が必要です。いくら英語がペラペラでも、日本の島国根性では世界に相手にされません。

それと同様に、異次元の存在と友達になるためには

  • 「感性(チャクラ)」が開いていること
  • 「宇宙意識」で生きていること

この両輪が必要です。

「宇宙意識」とは、人間の個人的な「エゴ」を取り除いた状態を指します。
それは「みんなと生きる」感覚です。

「癒し」と「交流」

人間には「体」「心」「魂」の3つの要素があります。
「体」は3次元、そして心(に相当するオーラ)や「魂」は、人間の大脳では認識できない高次元のものです。

心を癒すと、オーラが輝き、チャクラが開き、異次元を認識できる感性が高まります。
さらには、高次元で生きている、天使や妖精などと仲良く交流できるようになるかも知れません。

そのための、最初の1歩は、「心の癒し」から!
心を癒し、エゴを手放せば、もうあなたは異次元に生きていますよ!

カシュカシュの習得したヒーリングは3種類。

【1】オーラの修復(元に戻す)
オーラは体の一部です。怪我すると動けません。
例えば、足の骨が折れていたら、歩きたくても歩けません。
肌が荒れていたら、風が当たるだけでも痛い。
オーラは心の状態が反映していますので、オーラが傷ついていると心が動けなくなります。
前向きになれない、すぐ諦めてしまう。そんなネガティブな心の状態になってしまいます。
そこで、オーラをマッサージするなどして整えると、心が元気になります。


【2】オーラの活性化(より高める)
オーラの中には、チャクラと呼ばれる器官があります。
眉間にある第三の目や、みぞおちにある太陽神経叢などが有名ですが、これもチャクラの1部です。
チャクラが活発になると、予知能力や、透視能力、念力で物を動かすなど、今の時代では「超能力」と言われるものが発達します。
これがオーラの活性化です。


【3】チャネリング(知識や情報を得る)
高い次元の人に来てもらって、言葉で教えてもらう方法です。
恐山のイタコや、沖縄のユタのような能力です。
この能力を西洋ではチャネリングと呼びます。
「知る」ことによって、気づき、癒されることは沢山あります。
高い次元の視野を持つことは、大きな気づきと感謝をもたらしてくれます。


癒されると、「本来の自分」に自信を持って生きられるようになります。
へんに力まずに、力が抜けて、エゴが手放せるようになります。
そうなれば、もう! 宇宙意識は手に入ったも同然です!

◆ヒーリングの実例◆

【ヒーリング実例その1】
   オーラ・クリーニング

ある女性から「出張ヒーリングしてもらえませんか」と電話がありました。
彼女はメイクとネイルの、エステサロンのような仕事をしている経営者でした。

都内の分譲マンションに住んでいて、その自宅の一室をサロンにして仕事をする、最近よくあるスタイルです。その店は結構、流行っていたのですが、実は管理組合の規約で「仕事禁止」のマンションでした。ですから彼女は看板を出さずに、ネットで連絡してきた人にだけ住所を伝えて仕事をしていました。

ある時、彼女は、自分が住んでいるマンションの管理組合のネット掲示板を見たそうです。
その時そこに書かれていたのは、彼女自身に対するものすごい誹謗中傷攻撃でした。
「仕事禁止のマンションなのに、なんでやってるんだ!」と、ひどいバッシング!
その罵詈雑言に耐えられなくて、彼女は寝込んでしまったのです。

本当に布団から起き上がれなくなり、私に電話してきたのは4日目のことでした。直接会ってみると、彼女のオーラはボロボロでした。
私はクリスタルや掌を使って、彼女のオーラをクイックマッサージするように、氣を整えてゆきました。

30分ぐらいすると、かなりスッキリしてきました。
すると彼女の目は力強く輝いてきました。

「なーんだ、こんな寝てる場合じゃないわ、移転すればいいだけじゃない!」
と満面の笑顔で言ったのです。

寝込んでいたのが嘘のように輝く笑顔で、すっかり元気になった彼女がいました。
そして、翌日には不動産屋さんへ行き、駅前の物件を見つけて、月末には新しい店舗をオープンしたのです。
路面店で、さらに繁盛した彼女は、この体験に感動して、ヒーリング学校に行き、今では彼女もヒーラーとして活躍しています。


【ヒーリング実例その2】
   リーディング(情報を読み取る)

40代の建築士の男性のお話です。
その方は、現場の強面の人達を扱う仕事をしているとはとても思えない、優しい物腰の方でした。

その方は、こうおっしゃいました。
「地方で建築の仕事は数が少なくて、思うような仕事ができません。
私はこのまま、建築士の仕事をしてもいいのでしょうか?」

見てみると、林の中に光輝く神殿のような素晴らしく美しいビジョンが見えたので
「このような建物を作る人なんだな」と感じました。
そして、その人のハイヤーセルフのメッセージを伝えました。

「あなたは過去生で風水の力を使って都の都市計画をしていました。
その時のあなたは官僚的で、必ずしも民の幸せに結びつく都市計画ではありませんでした。
そのため、今回の人生では、どのような街づくりをするかを考えるだけでも意義のあることです。ぜひ業界に関わり続けてください」
そして私が見た美しい建物の様子を伝えました。

彼は「自分にそんな素晴らしいものが作れるとは思えない」とおっしゃって、ピンときていない様子でした。

そして10年以上経って、つい3日前の日曜日、その方からメッセージが届いたのです。
「つい最近、都市計画について、道しるべとなる人と手法に巡り合いました。
魂が喜ぶのを感じました。
この段階までたどり着けた、ターニングポイントに出会えた、と感動で涙しました。」

わざわざメールくれるほどですから、よっぽど嬉しかったのだと思います。

魂の喜びは、現世利益とは関係ありません。
「要領よく上手く生きる人生」を、魂はそんなに求めていません。
なるべくラクにお金を稼いで、楽しく遊んで暮らす人生は、三次元のエゴが喜ぶ生き方です。エゴを満たすことは必要なステップですが、その先に本当の深い喜びがあることを知っていればこそ、エゴを満たす「遊び」を愉しむ価値を味わえます。

この方は、私のメッセージを信頼して、心を大事にしながら生きてこられて、涙するほど魂が喜びました。

魂の目的を発見しただけでも、生まれて来た目的の半分は達成したようなものです。
たぶん、一生を終える時には、後悔が少ない、思い残しの少ない人生を閉じられるのではないかなと思います。


【ヒーリング実例その3】
  浄霊(憑依を取る)
     肉体で例えれば「殺菌」みたいなもの

ある日、女性から電話がありました。

「ずいぶん前から、娘が悪霊に憑依されています。『沢山の霊に憑かれている』と言われています。
先日は、高名なお坊さんに祈祷してもらいましたが、
『最後の一人、超大物のボスだけ取れません、すみません』と言って帰ってしまいました。

何とか助けてもらえませんか?」

「できるかどうか、わかりませんが、出来る限りのことはさせていただきます」
と答えて、持っている道具をすべて揃えて出向きました。


見ると、顔全体が湿疹で真っ赤に腫れた女性がいました。
私がヒーリングをし始めると、憑依した悪魔が、彼女の口を使って語り始めました。
「フン!大したことない!」と鼻で笑ったのです。

相手がどんな存在であろうと、絶対愛!尊敬や感謝の念を心から発振することが必須です。

波動の世界は、ありのままの世界です。オモテもウラもありません。「感謝のフリ」は通用しません。ここで恐怖心を出してしまったら、こっちがやられてしまいます。

「失礼しました!どうさせて頂けばいいでしょうか?」
そこから会話が始まりました。3時間ほど話したでしょうか・・・


悪魔には、悪魔の言い分がありました。
それは人間同様、その立場ならそうだろう、というような、筋の通った話しでした。
そして、こんなことを言ってくれたのです。


「さっきまで、こいつをいじめるのが楽しくて仕方がなかった。
こいつは、いじめ甲斐がある奴だ。いじめても、いじめても、立ち上がってくる。
しかし、あなたに会って、空しくなった。一体私は、何をやっているのか。
先生、私を光の世界へ導いてください。『光の世界の架け橋になる』と思うだけでいい。」
そして、悪魔は光の世界へフッ!と旅立ちました。


その瞬間、彼女の真っ赤な顔が、すーっと白く戻ったのです。
とても嬉しい瞬間でした。

【ヒーリング実例その4】
  次元上昇(波動を変える)

ある日、女性から電話がありました。
その人は、有名であることが必要な職業の人で、嫌がらせを受けているとの相談です。

「駐車場に車を停めていると、いつも落書きをされるのです。
相手はだいたい察しがついていますが、証拠がない。
なんとか、この嫌がらせを止めさせてもらえないでしょうか?

その人の現実は、すべてその人の心の波動が現象化したものです。
原因はその人が引き寄せています。

夜、落ちついた時間帯に、遠隔で波動を読んだところ、その人にある「心の癖」が原因だと見えたので「癖を直すように意識して生活してください」と電話で伝えました。

すると、翌日からピタッといたずらが止まったそうです。
本人の心の癖が認識された(つまり、「癖」という無自覚なものに「意識」という光があたり、闇が1つ消えた)ために、波動が上がり、嫌がらせする人との時空が変わり、接点がなくなったのでした。


【ヒーリング実例その5】
  魔法(天使にお願いする)

「どうしても、もう一度、彼に会いたい」と言ってこられた女性がいました。
音信不通になり、顔を見ることもできなくなってしまった。

そこで、運命の輪を回して、彼に会えるように、天使にお願いしてみました。
運命の輪を管理管轄しているのは、土星や冥王星の存在たちです。
彼らを呼び出して、許可をもらい、動かしてもらえることになりました。

そして2週間後!病院の待合室で、偶然に彼を見かけることができたのです!

しかし、会うまでの2週間に、彼女は変化していたのでした。
「なぜ彼と一緒になれないのか」
その原因を、白昼夢のように、感じ取っていたのです。
過去生の因縁や、今回の人生のテーマなどがぼんやりと見えて、
「私は彼と一緒に生きる人生ではないのだ」
「私には私の人生が待っている」と、悟ったそうです。

彼女は、彼と簡単な挨拶だけして、そのままにしたのでした。

あなたも、お悩みごとを
カシュカシュに相談してみませんか?

解決の糸口が見つかったり、「大したことない」と思えたり…。
何らかの変化があるかも知れません。


波動を変えると、意識が変わり、人生が変わります。
その結果、今のあなたが望んだ状況になるかどうかは、保証できません。

執着を手放し、「試してみる」という気持ちでご依頼いただくのが最適です。